MENU

PMS サプリ

 

PMSの改善にサプリが注目!

 

女性は個人差はありますが、生理前になると腹痛、頭痛、苛立ち、倦怠感などの症状が現れます。これらの症状をPMSといい、月経前症候群とも言われています。この症状が酷い方は特に毎月決まった時期に憂鬱になってしまうのではないでしょうか。

 

酷いと生理の10日前からPMSの症状が出てきて、さらに生理中にも悩まされるといったように、ほとんど半月くらいは痛みや体調不良になるという方もいます。

 

酷い場合は家事にも仕事にも影響が出てしまって私生活の妨げになっていてなんとかしたいという方もいると思います。そういった辛い症状を改善したいと思っている方は多いのですが、そういったときはPMS対策サプリを使用することが一番です。

 

多くのメーカーがそういったサプリメントを開発していて、PMS対策サプリには女性ホルモンを調整する成分などが含まれていますので一定期間飲み続ければ月経周期を整えてPMSの症状を和らげる働きが出てきます。

 

ただ、どのPMS対策サプリも同じ成分ということではなく、動物由来のプラセンタなどの成分を使っているサプリメントもありますし、植物由来のハーブが配合されているというサプリメントもあり様々です。

 

ですので、どういったサプリメントを選んだらいいのか悩むという方が多いと思いますが、とにかく自分に合ったサプリメントを選ぶのが一番ですので、どれがいいのか探すようにしましょう。もちろんサプリメントは継続して摂取しないと意味がありませんので、続けてみて効果があるのかどうかを実感してみてください。

 

PMSに効くサプリ成分は?

 

PMSというのは月経前症候群と言われており、症状としては月経の数日前に腹痛、むくみ、眩暈、苛立ちなどが引き起こされます。どうしてこういった症状が引き起こされるのかというと、原因は主に生理周期によって変化する女性ホルモンのバランスが崩れることだとされています。

 

排卵前にはエストロゲン、卵胞ホルモンとも言われている女性ホルモンの分泌量が多いのですが、生理直前の排卵後にはプロゲステロン、黄体ホルモンとも言われる女性ホルモンが増えて体内に水分を蓄積する作用を引き起こします。それによってむくみが生じますが、プロゲステロンの分泌量が多すぎると、身体だけではなく脳もむくんでしまって頭痛やめまいなどの症状が出てくるということになります。

 

そういった理由もあり、PMSの症状を和らげるサプリメントはほとんど女性ホルモンのバランスを調整する働きのある成分が含有されています。多くはエストロゲンと同等の作用がある成分が配合されているサプリメントであり、それによって黄体ホルモンとのバランスをとることでバランスを整えるというサプリメントが多いです。

 

ちなみにエストロゲンと同等の働きがある成分というと、イソフラボンがまず出てくると思いますが、それ以外にも効果がある成分などもあります。ただ、何にしてもサプリメントを選ぶ際にはとにかく自分に合ったサプリメントを選ぶということが一番重要になり、さらに継続して摂取するということが大切になります。

 

PMSの症状はどんなもの?

 

PMSというのは月経前症候群であり、もちろん身体の面、そして精神面にも症状が出てきます。どういった症状なのかについて理解しておきましょう。このPMSというのは月経がある女性にとってはほとんどが大なり小なり感じているとは思いますが、身体症状と精神症状に分けて説明します。

 

まずPMSの身体的な症状に関してですが、そもそもPMSというのはPremenstrual Syndromeの略称であり、月経前2週間から10日前くらいに体調不良や精神不安定などの症状が現れるものです。生理が始まると症状が軽減するかなくなることが多いというのも特徴になります。

 

原因は様々ですが、基本的には生理周期による女性ホルモンの分泌バランスが乱れるということだとされています。

 

症状に関してはむくみ、頭痛、眩暈、乳房の張り、吐き気、眠気、不眠、便秘、下痢、ニキビ、肌荒れ、食欲増進などがあります。

 

精神的な症状に関してですが、女性ホルモンの変化というのは精神面にも非常に関わってきます。排卵期にはエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が増加しますが、これによってセロトニン系の脳内物質の分泌が促進されて、気分を高揚させたり快活にします。ただ排卵後にはエストロゲンの分泌量が急激に低下しますので、これによって精神的な浮き沈みが激しくなります。

 

精神的な症状には無気力、憂鬱、苛立ち、集中力低下、仕事能率低下、興奮、不安向上などがあります。生理前にこういった症状が確認できればPMSの症状の可能性を考えてみてください。

 

PMSサプリと併せて行いたい対策

 

生理痛、PMSなどの症状に関しては毎月あるものであり、初潮が始まってから閉経するまでの期間はずっと付き合っていかなければいけません。症状の大小は個人差がありますが、酷い方は1ヶ月の半分を症状に悩まされるという方もいます。

 

ですので、少しでも症状を和らげたいという方は多いと思いますが、そのためには処方薬の服用やサプリメントの摂取などを考えますが、それ以外にないのでしょうか。そういった疑問を持っている方の為に、日常生活で出来るPMSの改善方法について知っておきましょう。

 

まず出来ることはとにかく朝食からバランスよく摂取するということが重要です。ビタミン、ミネラルといった栄養素をバランスよく摂取しなければ健康的な身体を維持するということはできません。

 

また、効果のある栄養素に関してですが、苛立ちを抑えたいならカルシウムやマグネシウムがオススメですし、ビタミンEは抗酸化作用が高いです。さらにビタミンB6がエストロゲンの代謝を促進しますので、これらによってPMSの症状を和らげてくれます。具体的な食材に関しては玄米、野菜、豆類、魚介類などをバランスよく摂取するといいでしょう。

 

ちなみに朝食を食べないと眠気、苛立ちが増加して症状が悪化してしまうことがありますので、朝食だけではなくしっかりと食事は1日3食摂取するようにしましょう。

 

また、イライラすると甘いものを求めてしまいますが、それによって血糖値が急激に上がってしまうので、それまで摂取したビタミンやミネラルを無駄に消耗してしまって悪循環に陥ってしまいます。ですので、この時期は甘いものは控えた方がいいでしょう。また食事だけではなく適度な運動をすることでも症状が緩和しますので私生活の中に取り入れましょう。

更新履歴